MENU

アスロングでくせ毛は治る?

アスロング くせ毛

髪の毛の悩みで多いのがくせ毛です。

 

一本一本がうねり、毛量が多いとセットには時間がかかり、雨の日になると水分を吸い込んでさらにくせが強くでてうねってしまう…。

 

くせ毛の場合、髪の毛がうねっているのでキューティクルがはがれやすく、さらに乾燥しやすいためパサパサした髪質になりやすいです。

 

くせ毛が原因でいじめにあった、ヘアアレンジもくせっ毛のせいで楽しめない!なんて方も多いのではないでしょうか?

 

くせ毛はQOLにも直面する問題です。では、アスロングはくせ毛にも効果的でしょうか?

 

まず、くせ毛を改善したい場合はその原因をつきとめ、自分にできる方法を取り組んでいくことが大切です。

くせ毛の原因

毛根のゆがみ

直毛の人は毛根がまっすぐなのに対し、くせっ毛の人はねじれています。このねじれが強い人ほどくせっ毛になります。

 

髪の毛は毛根部分で作られますが、髪の毛が伸びて外に出てくる過程でこのねじれの影響を受け、髪の毛として外に出てくる時にはすでにうねってしまうのです。

 

その他、遺伝、ホルモンバランス、ダイエットでもくせ毛になります。

 

くせ毛の原因は先天性のものから後天性のものまで幅広くあるんですね。

 

先天性の原因(毛根のゆがみ)は変えることができません。

 

すると後天性の原因をつきとめ、改善する必要があります。

クセ毛は治る?

クセ毛には改善しやすいタイプとしにくいタイプがあります。

 

改善しやすいのは当然ながらくせっ毛の度合いがゆるいタイプです。

 

チリチリの縮毛のくせっ毛やクセ毛の度合いが強いタイプは美容院で縮毛矯正を受けなければ治りません。

 

ただし、波状毛、念転毛、連珠毛はシャンプーやトリートメントで改善することができます。

 

ちなみに髪のダメージが原因でくせっ毛になっている方は一番クセ毛が簡単に治りやすく、毛穴に汚れがつまり、kの老廃物を避けながら髪の毛が伸びた結果、髪の毛がゆがんでいます。

くせっ毛が治りやすいタイプの人が気をつけること

一番気をつけなくてはいけないのが頭皮環境です。

 

頭皮の毛穴がシャンプーやコンディショナーで詰まるとその汚れに髪が圧迫され、本来ならまっすぐ生えるべき髪の毛にクセがついてしまいます。

 

頭皮の毛穴がつまる原因はいくつかありますが、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しや頭皮の皮脂の過剰分泌なども毛穴をつまらせる要因になります。

 

洗浄成分が強いシャンプーは頭皮に必要な皮脂を取り去り結果的に頭皮を乾燥させ皮脂分泌を過剰にさせてしまいます。

 

この皮脂が毛穴のつまりを起こしてしまう洗浄成分が強いシャンプーを使うのはNGです。

アスロングの効果

アスロングはアミノ酸シャンプーなので、洗浄成分が強いということはなく不必要な老廃物を取り除き保湿成分で頭皮の乾燥を防いで皮脂分泌も抑えます。

 

またたまごの力(加水分解卵角膜)が配合されています。

加水分解卵角膜とは?

加水分解卵角膜にはコラーゲンやヒアルロン酸、18種類のアミノ酸が含まれ、これらの成分が髪の毛のハリとコシを与えてくれます。

 

さらに加水分解卵殻膜にはシスチンという成分が豊富に含まれています。

 

シスチンは髪の毛を構成するケラチンに含まれている成分でシスチンが不足すると薄毛や抜け毛につながります。

 

髪の毛の質にも困っている方はアスロングを使うと髪の毛を伸ばしながらくせっ毛を改善してくれる一石二鳥のシャンプーになってくれますよ。

 

 

TOPページ:アスロングを使ってどれだけ伸びたか結果を更新中!