MENU

ビタミンEが髪にもたらしてくれる効果

ビタミンEが髪の毛にもよい働きを促してくれるのをご存じでしょうか?

 

ビタミンEが髪に良い理由は、頭皮の血行促進細胞老化を抑制する働きがかるからです。

血管拡張作用

ビタミンEには血管拡張作用があり、血行が良くなると髪の毛の土台となる頭皮に、十分な栄養を届けることができます。

 

ストレスや睡眠不足がちな人は血管が収縮しやすく、その影響で髪の毛に十分な栄養が与えられず髪の毛が細くなったり、抜け落ちやすくなります。

 

頭皮の環境が良くなれば、髪にハリやコシを与え、更に抜け毛を減らすなどの育毛効果が期待できます。

細胞老化を抑制

ビタミンEが細胞老化を抑制する理由は抗酸化作用があるという点です。

 

細胞の老化を早める活性酸素を抑制することで、「頭皮の若返り」や「環境改善」に期待ができます。

 

髪の毛を作る毛母細胞の働きは加齢とともに衰えていきますが、ビタミンEの抗酸化作用でエイジングケアが可能となり、白髪の予防や、抜け毛、薄毛などの改善できるようになります。

 

 

ビタミンEを食べ物から摂取する場合、魚介類(特に肝や卵)やアーモンド、アボカド、かぼちゃなどに豊富に含まれています。

 

ただ、ビタミンEは育毛に良い成分ですが更にこの成分の働きを効率的にする方法があります。

 

それが、ビタミンEを摂取するときにビタミンCも一緒に摂取することです。

 

ビタミンEの抗酸化作用は活性酸素による酸化を抑制後、その作用はなくなります。

 

ここにビタミンCがあると無力化したビタミンEを再活動出来るようにする働きがある為、摂取した成分を効率的に作用させることができます。

 

ビタミンEやビタミンCの摂取は、食事からだと不足がちになるのでサプリなどで効率よく摂取してみてくださいね。